メディア掲載「モバイルセキュリティ」
(日経コミュニケーション)

2007年10月28日

株式会社エス・ケイ(代表取締役:森 博、本社:岐阜県岐阜市吹上町3丁目2-4、以 下エス・ケイとする)の提供するセキュリテリーツール「Advance Shield」、「SMART SECURE Address」、「電話帳消去型アプリ」が、日経コミュニケーション(2007年10月1日号)に掲載されました。

エス・ケイでは個人情報保護法の施行に伴い、携帯電話内のメモリ及び情報資産の漏洩を防ぐセキュリティツールの開発に着目し「Advance Shield」、「SMART SECURE Address」、「電話帳消去型アプリ」のサービスを提供しております。

Advance Shield Advance Shieldとは、「Windows Mobile5.0 日本語版」対応のデータセキュリティ、「遠隔消去システム」の名称です。 Advance Shieldは万が一、携帯端末を紛失してしまった際に、その効力を発揮します。管理者からの操作・設定により、紛失した携帯端末に保存された様々なデータ(個人情報や取引先情報)が外部に漏れる危険性から防ぐ事が可能です。
SMART SECURE Address SMART SECURE Addressは、外部(管理者)からの操作・設定により、携帯電話本体内のデータを消去できるアプリケーションです。お客さまの大切な携帯電話データの漏洩を防ぐことができます。
電話帳消去型アプリ 電話帳消去型アプリは、外部(管理者)からの操作・設定により、ソフトバンク携帯電話のJavaアプリケーション (S!アプリ)で構築した電話帳アプリ内の電話帳データ消去・バックアップ・復元をすることができるデータセキュリティソリューションです。

※本プレスリリース中に記載された製品名等の固有名詞は、各社の商標または登録商標です。