受託開発(勤怠管理システム)導入事例

携帯電話、スマートフォンアプリを活用した勤怠報告システムの開発実績をご紹介します。

サイン認証勤怠管理システム

サイン認証勤怠管理システム

事業内容 菓子製造加工ならびに販売
導入日 2008年春〜
開発環境 Windows Mobile
導入機種 SoftBank X01ht、WILLCOM WS003SH
ユーザー数 約20台
※各店舗に配布、複数ユーザーで利用
システム概要 携帯端末のタッチパネルにサインをし、本人確認を行い打刻を送信。
携帯端末より報告された打刻を管理画面にて一括管理。

配送管理システム

配送管理システム

事業内容 酒のルート販売
導入日 2005年秋〜
開発環境 S!アプリ
導入機種 Vodafone V603SH
ユーザー数 約120人
システム概要 携帯アプリから本日の予定表をダウンロードし、DLデータを元にルート配送を行う。
複数あるルート配送先(目的地)ごとに「到着」「完了」などのステータス報告をAPから行うことで、管理者はWEB管理画面よりリアルタイムで現場の状況を 把握する。
お客様の声 アプリのルートに沿って作業を行うため、情報過多による混乱を防ぎ業務効率が向上しました。